読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

京都ひとり旅 その③ ~写仏体験編~

旅行

1月14日から1泊で出かけた京都おひとりさま旅のことをつらつらと書いてきました。

raintree0106.hatenablog.com

raintree0106.hatenablog.com

 

今回は『写仏体験』についてお伝えしてみたいと思います(・ω・)

 私が体験をしてきたのは東山区にある「勝林寺」さんです。

写仏以外にも写経や座禅、ヨガ体験などもできるみたいです。そしてなんとネット予約ができます。Twitterもやってるみたいです(笑)開かれた時代になりましたね( ・ิϖ・ิ)

というわけでネット予約をした上でお伺いしてみました。

f:id:raintree0106:20170118231556j:plain

 

受付の方の案内で座敷に通していただきます。

すでに何人かが写仏(または写経)を始められてました。たまに小声で話したりもしてて思ったよりも緩やかな雰囲気。

【写仏の手順】

  1. お手本の中から好きな仏様を選んで上に白紙を重ねる。
  2. 塗香(ずこう:粉末状のお香)を手に塗り心身を清める。
  3. 開始!

思った以上シンプルです。基本的にトレースするだけ、のはずなんですが、、これが思った以上に難しいのです。

そもそも筆ペンの扱いに慣れてないから線の太さを一定にできなくて、太くなったりかすれちゃったり。なんか全体的に線が震えてました。

仏様が震えている。西野カナ的なやつ(´・ω・`)

自分の不器用さになんだか申し訳ない気持ちになってしまいました。お寺の方から「写仏が終了したら、仏様の横に願い事を書いてくださいね」と説明を受けてたんですが、

無理。こんなに震えてるのに。。

この仏様にはあまり無理させたらいけないな、でも願い事って書くべきなのかな、などと考えながらも筆を進めます。

全然、無心になれてないな(´・ω・`)

けど面白い体験でした。

ふと手を止めて顔を上げると、

f:id:raintree0106:20170119000027j:plain

こんな感じです。写真だと伝わりにくいかもですが、窓で四角く切り取られたお庭の景色はなんだか心が落ち着く眺めでした。

 震える仏様になったものの最後まで仕上げると達成感が大きかったです。気付けばあっという間に90分も経ってました。なんだかんだでけっこう集中できてたのかもしれません。

f:id:raintree0106:20170119000239j:plain

 もちろんこれ↑はお手本ですよ( ・ิϖ・ิ)

私は自分の干支の守り本尊の普賢菩薩(ふげんぼさつ)を選びました。綺麗な仏様ですよね。

f:id:raintree0106:20170119001324j:plain

最後にお抹茶と和菓子をふるまっていただいて体験終了です。これなかなか美味でした。

ちなみに斜め前に座っていた方をチラ見して気づいたんですが、紙を回しながら書くとよかったみたいです。確かにその方が線が滑らかに書けて、だいぶ書きやすかったです。(気づいたのが終盤だったので仏様の震えはもうとまらない)

また機会があればやってみたいです。今度はもう少し上手に書けるといいな。