読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

京都ひとり旅 その② ~『ギア-GEAR』鑑賞編-~

旅行

こんばんは、アリです。

前回に引き続き、京都ひとり旅の記録です。

 【前回はこちら↓↓】

raintree0106.hatenablog.com

 

今回は素敵な舞台のお話です。

京都発×初 ノンバーバルパフォーマンス 『ギア-GEAR-』を鑑賞してみた。

 『ギア-GEAR-』とは

 京都発×初のノンバーバル(言葉に頼らない)パフォーマンス。パントマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによるパフォーマンスのみでストーリーが描かれていきます。

口コミで人気が広まり、2016年4月には京都でロングラン5年目に突入した大人も子どもも海外の方だって楽むことができる大人気の舞台です。

 公式HP:京都の感動エンターテイメント ギア-GEAR-

 鑑賞してみた。

 レトロで味わいのあるビル。ここの3Fが会場です。

   f:id:raintree0106:20170117234456j:plain

舞台はこんな感じ。ちょっと不思議な空間でわくわくします。

   f:id:raintree0106:20170109015804j:plain

登場人物はこの5人のみ。

   f:id:raintree0106:20170118000652j:plain

【ストーリー】

忘れ去られた古いおもちゃ工場で人間が去った後も働き続ける人間型ロボット「ロボロイド」たち。ある日、彼らの前にかつて工場で作られていたおもちゃの人形「ドール」が現れる。戸惑いながらも徐々に距離を縮め、ドールの持つ不思議な力によって思わぬ能力を発揮するロボロイドたち。ドールもロボロイドたちとの「遊び」を通じて少しずつ人間に近づいていく。そんな楽しい時間も、工場の大暴走により急展開となり・・・

感想を語ってみた。

 まとめると、面白い!の一言です。

正直セリフなしのパフォーマンスだけで本当にストーリーが分かるのかな、しかもそれで面白いんだろうか、、とちょっと疑ってた部分もあったんですが、

セリフ聞こえてきた(*'ω'*)心で聞く的な

嘘みたいだけど割と本気です。

キャストさんたちの表情がすごく豊かな上に、動きで感情を上手に表現されてるので、伝えられた感情を私の脳が勝手にセリフとして自動変換したっぽい。

あとキャストさんたちはそれぞれが一流のパフォーマーで、スゴ技を披露してくれます。もう最初に舞台にキャストさんが登場した時からその動きに目を奪われて、退屈する暇なんて一切なかったです。笑ったり、びっくりしたり、ちょっとほろりとしたりの75分間でした。

キャストさんは役ごとに何人かいて、交替してるらしいので別のキャストさんだとまた違った雰囲気になってそれもまた楽しそうです。

お誕生月の自己申告をしてみた。

 お誕生月の人は証明するものを呈示すると「バースデイプラン」なるものが利用できます。ってことで、もちろん利用してみました。プランの特典は、

  1. オリジナルグッズ購入時に1,000円割引き(鑑賞した当日のみ)
  2. 500円OFFの紹介チケット2枚をプレゼント(次回鑑賞時に自分が使用してもオッケー)
  3. 限定バースデイカードのプレゼント

   f:id:raintree0106:20170118010148j:plain

割引チケットゲットしたことだし、また行こうと思います( ・ิϖ・ิ)