灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

東京・鎌倉旅(的)日記。~鎌倉編~

 

『41っさいの春だからぁぁ 

 

元祖天才バカボンっのぉぉ

 

 

 

パパぁぁだからぁぁ』

 

 

 

 

 

 

  

 

朝っぱらから耳元で歌われました。

今日は同僚のお誕生日です。

 

 

バカボンのパパと同い年になったよ!アピールらしいです。

ちなみに同僚は女性です。パパにはなれんぞ。

 

41歳って楽しそうですね(・ω・)


元祖天才バカボンの春

元歌はこちら。0:47あたりです(笑)

 

 

 

先日、東京出張に行ってきました。

2日間に渡る研修に出席するための出張だったんですが、研修の開始時間の関係で前日からの東京入りとなりました。と、いうわけで2泊3日の上京です。

 

その間にはドキドキの初対面がありました。

raintree0106.hatenablog.com

 

実はそれ以外にもちょっと観光も楽しんでました。

もちろんメインは仕事です。あくまでも空き時間に。息抜きです。

というわけで、そんな旅気分の思い出を綴ってみたいと思います。

 

鎌倉編

 

「せっかくだから鎌倉に行こう」

 

東京出張に前泊がつくと分かったときに思いました。

鎌倉に興味はあったものの、これまでなかなか訪れる機会がありませんでした。

東京への出張ならもしかしたら今後もあるかもしれません。せっかくだし、今回は東京観光するよりも途中で鎌倉に立ち寄ってみようと決めました。

 

ということで移動日の1日を利用して、がっつり観光してきました(・ω・)♡

 

 

観光① 鶴岡八幡宮

言わずと知れた鎌倉の人気観光スポット。

鎌倉駅からは徒歩15分ほどです。ゆっくり散策しながら歩くのにちょうどいいくらいの距離感でしたよ。

f:id:raintree0106:20170909203008j:plain

ちなみに時間は午前中10時頃です。

一応夏休み期間は終了してるし、平日だし、午前中だし、と期待してたんですが、まぁまぁの人出でした。大学生とか海外からの方が多いイメージ。

観光シーズンになったらどうなるんだろうか恐ろしい。

 

まずはさくっとお参りを済ませておみくじを引いてみました。

実は今年の初詣でもおみくじを引いていなかったので、今更ですが今年の初運だめしです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凶。

 

 

 

 

 

 

 

 

大体想像されてたでしょう(笑)

 

 

 

 

鶴岡八幡宮のおみくじは凶が多いことでも有名らしいです。

以前に聞いたことがあったのでそんなにショックはなかったですが、あとで調べてみたら凶の割合は全体の2割ほどらしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外に少ない(・ω・)

なんだろう、もっと凶仲間がたくさんいるかと思ってたのでむしろそっちの方がショック。

 

 

凶だけど内容はそんなに悪くない気がしました。

苦労するけど見込みはあるよ、くらいの感じかな。

f:id:raintree0106:20170909210208j:plain

 

 

凶が多いゆえに、すぐそばにこのようなものが設置されてました。

f:id:raintree0106:20170909210213j:plain

凶運みくじ納め箱というらしいです。

結んだ凶のおみくじをこの箱に納めてから、真ん中の矢鏑(やかぶら)をつかむと、凶運が「吉運」「強運」に転じるんだとか。

そういう語呂あわせ的なの大好き(笑)

たとえば数字の4は死を連想させるとか言いがちですが、私の中では幸せの4(し)ということにしてます。なんでも思い込んだもの勝ちです(・ω・)

 

 

 

境内にある丸山稲荷の鳥居。

f:id:raintree0106:20170909210202j:plain

 

蛭子さん(・ω・)!

 

 

 

 

奥には蛭子さんの奥様のお名前もありました。

あとで調べたところ、蛭子さんの奥様が信心深い方で、他に「段葛」と呼ばれる八幡宮へ続く参道の両脇にある灯篭石の寄進も行っているんだとか。(灯篭石にも蛭子さんご夫妻の名前が彫られているそうです)

ちなみに蛭子さん自身は全く神社仏閣に興味なしらしい(笑)

愛妻家で微笑ましいですね。

 

これも境内にある旗上弁財天社です。

f:id:raintree0106:20170912223132j:plain

源氏池にかかった小さな橋を渡った先にあります。ちなみに源氏池は夏には蓮の花が咲くそうです。綺麗だろうなぁ(*´ω`*)

 

ここでの思い出は何と言っても、

f:id:raintree0106:20170909210230j:plain

鳩です。

 

なぜだかたくさん集まって日向ぼっこしてました。人が近寄っても全く怖がらないし、よく懐いてました。あと白鳩率が高し。

なんでこんなに懐いてるのかしらと思い、御朱印をいただくついでに宮司さんに尋ねてみました。宮司さんはニコニコしながら「うーん、なんでですかねぇ。」とのお返事。

で、「よければどうぞー」と鳩の餌を分けてくれました。

売り物ではなく、宮司さんたちが鳩にあげている餌だそうです。(たぶんこれが理由)

 

 

わーい(・ω・)

早速餌をまいてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:raintree0106:20170909210234j:plain

こんな感じに(・ω・) 手乗り鳩ー

 

 

 

 

 

この写真を撮ったのは落ち着いた後ですが、餌をまいた直後は鳩が一斉にアリの方に寄ってきてえらいことになりました。

頭と肩と左右の腕に乗ってきた(笑)

右手の上で2羽の鳩がケンカをはじめたり、とにかく大騒ぎでした。ケンカやめてー(・ω・)

 

 

観光② 銭洗弁財天宇賀福神社

ここも鎌倉の有名な観光スポットですよね。

ぜひとも銭を洗ってみたい!ということで行ってきました。

 

 

ところで先に参拝した鶴岡八幡宮と銭洗弁財天はどちらも最寄り駅は鎌倉駅ですが、駅をはさんで逆方向になります。

 

どうやって移動するのがいいのかな?

そう思って事前に調べてみました。

どちらも鎌倉駅から充分に徒歩圏内。少し離れているけどお散歩気分でのんびり歩いて両方まわるのもおススメです。

源氏山方面からまわるコースを選べば同じコースを戻らないし気分がかわっていいですよ。少し坂道があるけど若い人なら問題ないと思います☆

こんな感じの意見が何件かネットで見つかりました。

というわけで徒歩でのんびり移動することに決定しました☆若さへの挑戦です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:raintree0106:20170909210255j:plain

少し坂道?

 

 

 

 

私が道を間違えたんだろか。

不安で半泣きになりましたが、なんとか無事に到着しました。

f:id:raintree0106:20170909210306j:plain

 

 

境内へと続くトンネル。

f:id:raintree0106:20170909210359j:plain

 

銭も洗いました! 

f:id:raintree0106:20170909210411j:plain

境内奥にある洞窟の中の霊泉で洗います。ざるにお金を入れて柄杓で水をパシャパシャする感じです。

洗ったお金は大事にしまっておく、より有益に使うのがいいらしいです。ちなみに私は東京出張の間にきっちり使い切りました。

 

 

観光③ 江ノ電に乗ろう!

再び鎌倉駅に戻り、ここからは電車で移動です。

一度乗ってみたかった江ノ電

うっかり山登りまでしてしまいクタクタになったのでちょうど良かった。

 

f:id:raintree0106:20170909211428j:plain

江ノ電キタ――(゚∀゚)――!!(笑)

手前の車止めのカエルちゃんの置物が可愛い。駅員さんたちが乗客の無事と安全を祈り、『無事カエル』の意味を込めて設置したんだとか。

 

 

と、テンションあがったのはここまで。

平日だというのになかなかの乗車率で、以降この日は江ノ電を何度も利用しましたがずーっと立ってました。

 

立つのは別に構わなかったんですが・・・なんか普通に「電車乗ってる」という感じでした。私が想像してた江ノ電感?みたいなのは一切なかったです。

電車は便利な移動手段ですな(・ω・)

 

観光④ 長谷寺

f:id:raintree0106:20170909211446j:plain

なんといっても初めての鎌倉なので、有名スポットはおさえようというとてもミーハーな旅です。

ということで長谷寺にやって来ました。

大きくて見どころがたくさんあるお寺でしたよ。たくさんの見どころの中でアリが特に気に入ったのは何と言っても本尊である十一面観世音菩薩像です。

圧倒的な存在感に見入ってしまいました。

 

もうひとつ気に入ったのは、

f:id:raintree0106:20170909211457j:plain

和み地蔵です。

これは本当に和む(*´ω`*)

 

観光⑤ 高徳院鎌倉大仏

言わずと知れた鎌倉のシンボル的存在。

5月の奈良の大仏に続く大仏第二弾。

raintree0106.hatenablog.com

 

 

こちらの大仏は中に入ることができると聞いていたので、ぜひとも入ってやろうと楽しみにしてやって来ました。 

f:id:raintree0106:20170909211523j:plain

屋外なんですね。意外でちょっとびっくりしました。

 

あとびっくりしたと言えば、

f:id:raintree0106:20170909211529j:plain

愛国心がすごい(・ω・)

 

ひとり旅っぽかったですが、タイマー撮影で旗の広げ方とかポーズとかいろいろ調整しながら撮影されてました。

旗の人物はトルコ建国の父、ムスタファ・アタテュルクさんのようです。

きっとこの人は名所名所でこんな感じで撮影してるんだろうなぁ。

関係ないけどトルコ行ってみたいです(・ω・)

 

ちなみに一説によると鎌倉の大仏にも当初は大仏殿があったけど、津波で流されて以降再建されていないそうです。

完成時は金箔貼りで金色だったけど、野ざらしになったため剥がれ落ちて今の色になった、という話もあるらしいですよ。

 

ひとしきり撮影、鑑賞に満足したのちに大仏の中に入ってみることにしました。

大仏の台座の横にひっそりと入口らしきものが。一応入口前には受付があり、入場(?)料の20円を支払いします。

 

中の様子。 

f:id:raintree0106:20170909211536j:plain 

上の丸い穴が大仏の螺髪の裏側になります。もう本当にこれだけの空間です。

 

20円という価格設定は絶妙です。

 

 

 

 

 

鎌倉観光はこれにて終了です。

余裕があれば江島神社報国寺にも行きたかったんですが、朝から歩きまわったせいで体力の限界を迎えてしまいました(・ω・)

 

一番の敗因は、やはりあの坂道(山道)。

f:id:raintree0106:20170909210255j:plain

残念無念です。

 

 

あと余裕があればこれにも行きたかった。

www.aqua-park.jp

 

 

が、体力の限界には逆らえずこの日はこれで鎌倉を後にしました。

 

鎌倉いいところでした。

 

 

おまけ

f:id:raintree0106:20170909210725j:plain

鎌倉で気になったお店。

 

ズーム。

f:id:raintree0106:20170909211437j:plain

 

 

 

 

他の言い方はなかったのか(・ω・)

 

 

 

 

東京編に続く。