灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

函館は美味しい。

お久しぶりです。

無事に函館出張から戻ってきました。人生初の北海道です。

仕事ですけどね(・ω・)

研修の開始時間の関係で、なんと前日からの北海道入りとなりました。目的が2日間に渡って函館で開催される研修会への参加だったので函館からの移動はできなかったですが、けっこうな自由時間を確保することができました。

 

ちなみに周囲の人たちから「北海道は涼しかった?」という質問をされましたが、

 

 

関西と同じでしたよ(・ω・) あついよ

 

 

猛暑というほどではないですが、そこそこ暑かったです。

北海道のもうちょっと北の方に行けば違ったのかな。少し北海道に夢を見過ぎていたのかもしれません。

 

そんな函館の思い出の振り返りです。

 

かわいいホテル

f:id:raintree0106:20170709114351j:plain

『ホテルショコラ函館』

今回宿泊したホテルです。小さいですがきちんとしたホテル、という感じでした。ちなみにシングルからツインルームにアップグレードしてもらえるというラッキーがありましたよ(*'ω'*)

函館の朝市やらラーメンやら食べたいものがたくさんあったので基本的には食事なしにしてたんですが、どうやらこのホテルには「自慢のフレンチトースト」なるものがあるらしい。フレンチトースト好きなので、1日だけ朝食をつけてもらいました。

f:id:raintree0106:20170709115454j:plain

まる1日、ミルク+卵液にじっくり漬け込んで作るふわふわフレンチトーストです。

下準備に時間がかかるので2日前の20時までに予約をしないといけないとか。

 

丁寧に作られてるだけあって美味しかったです。パンの真ん中あたりに少しだけ液がしみ込んでないところがあったのがちょっとだけ残念でしたが。。

以前、京都のホテルオークラで食べた世界一(らしい)フレンチトーストの方がもう少ししっとりふわふわ(ややこしい)だった気がします。

 

海鮮がうまい!

f:id:raintree0106:20170709120445j:plain

1回目 ウニ・イクラ・カニの三食丼

 

f:id:raintree0106:20170709120901j:plain

2回目 イクラ・イカ・カニの三食丼

 

f:id:raintree0106:20170709120957j:plain

3回目 ウニ丼(蝦夷バフンウニ)

 

 

 

 

 

 

 

丼 祭 り (・ω・) 

 

 

 

 

 

 

まさかの海鮮丼祭りが開催されました。わっしょい。(個人開催)

何がまさかなのかと言いますと、私は本来はナマモノ系が苦手なんです(・ω・)

お刺身やお寿司は食べられるものの好んで食べることはありませんでした。が、北海道はやはりすごい。

試しに食べてみた最初の三食丼であまりの美味しさにすっかり虜になりました(笑)

イクラとカニは想定内の美味しさ(めちゃウマです)でしたが、ウニについては想定を超えてきました。「ウニが甘い」という言葉の意味が初めて理解できました。

というわけで、そこからは脳内祭り状態となり、最終日にはウニ専門店で「ウニ丼」をオーダーしている自分がいました(・ω・)

ウニ丼には6~8月にシーズンを迎える蝦夷バフンウニが使われてます。1回目の三食丼のウニは一般的なムラサキウニなんですが色が全く違いますよね。蝦夷バフンウニの方がお値段がお高い代わりに、味が濃厚で美味しいらしいです。

私の感想は「どっちも美味しいなー」くらいですが(笑)

あと、おみやげに「うにの佃煮」も買っちゃいました。

 

f:id:raintree0106:20170709134200j:plain

函館名物のイカも美味しかったです。イカがところてんのようだ。 

 

ぼったくり上等☆

f:id:raintree0106:20170709125539j:plain

f:id:raintree0106:20170709125622j:plain

函館朝市

函館駅のすぐ隣で交通アクセス抜群です。朝ごはんやお土産の購入などで割と何回もお邪魔しました。

函館には他にもいくつか朝市があるようですがここが最も観光客向け(お値段も)なのかな、という感じでした。

 

一応そういうところだと念頭に置いて、(←偏見)

 

 

ぼったくり上等☆

 

 

という気持ちで臨みました(・ω・)

多少ぼったくりになってもその分美味しいものがあればよし、という気持ちです。

 

 

出張前に同じ係の谷川くん(仮)から、「お金は払うので、ウニとロイズのポテチを

自宅に送って欲しい」と頼まれていました。

朝市の中にお菓子屋さんを発見したので、朝市でポテチとウニを買ってそのまま送ることにしました。

 

お菓子屋さんでポテチを購入して、お店のおじいちゃんに訊いてみました。

ア「他のお店で購入したものと合わせて送りたいんですが、どこかから送れますか?」

爺「何買いたいの?」

ア「ウニです。」

爺「あー、そうかぁ。」(無言で歩きだす)

 ・・・案内してくれるのかな(*'ω'*)

 

爺(2軒隣の魚屋さんの前でストップ)

 ・・・あら?

爺(魚屋さんを呼ぶ)

 ・・・まさか?

爺(魚屋さんを指さして)「この人はプロだから。なんでも相談したらいいよ。」

 

 

 

 

鮮やかな連携プレイ。

 

 

 

魚屋さんめっちゃ笑顔で話しかけてくれるし、そのお店で買う以外の選択肢はなくなりました。

他と比較してないので分からないですが、店員さんも感じよかったしちょっと負けてくれたし、きっといいお店だったんだろうと思います。うん。

あと魚屋さんは20代前半くらいに見える若者だったんですが、かなりのイケメンでした。若手イケメン俳優レベルには達してたと思います。

谷川くんごめんね、ぼったくりだったとしてもアリはイケメンに逆らえなかったよ(・ω・)←たぶんぼったくられてはいない

ちなみにポテチはウニと一緒に魚屋さんから発送してもらえましたよ。

 

後で谷川くんから「美味しかったです!」と報告がありました。

 

 坂道クイズ

f:id:raintree0106:20170709133040j:plain

 

f:id:raintree0106:20170709133301j:plain

 

f:id:raintree0106:20170709133337j:plain

 

函館にはたくさんの「坂」があり、坂道自体が観光名所にもなってます。

以前の記事でも少し書いたことがありますが、その坂道の中でも特に有名で『観光で訪れたい坂ランキング』で1位に輝いたこともあるというのが「八幡坂(はちまんざか)」です。

毎日が誰かの誕生日。 - 灰色デイズ

 

というわけで、ここでクイズです。①~③の中で「八幡坂」はどれでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:②

特に正解の賞品は用意してません(笑)

他にもたくさんの坂があって本当に坂道の街なんだなぁと思いました。地元の方から「良ければ全部の坂を巡ってみてくださいね」と言われましたが、

 

 

  

 

 

無理(・ω・) 行き倒れますよ?

 

 

 

ガッツのある方にはぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。

函館は坂以外にも、神社や教会、旧領事館など素敵な建築物があり、異国情緒が漂う美しい街でした。

有名な函館山からの夜景は、景ではなく間に見ましたが、それでも充分見応えがありました。昼間は空いてたし(笑)

ちなみに夜景は鳥肌もので美しいらしいです。激混みですが。

 

科学で未来な体験

f:id:raintree0106:20170709171501j:plain

 函館駅すぐにある「キラリス函館」の3階「はこだてみらい館」にて身長測定。

 

「はこだてみらい館」は科学で未来な感じの施設です。

 

f:id:raintree0106:20170709141437j:plain

動く光の線を障害物で遮ると進行方向が変えられます。(ひとりサッカーができます)

 

f:id:raintree0106:20170709141516j:plain

タッチパネルのボタンを押すとうねうねーと動きます。イカット→イカボというらしい(笑) 逆に昭和感を感じるのは私だけでしょうか?

 

で、1枚目の身長写真ですが、所定の位置に立つとセンサーでピッと測定してくれて正面のパネルに身長が表示されるというものです。

試しにやってみたんですが身長が縮みました。

普段の測定では158㎝くらいで、調子が良ければ160㎝に迫る勢いのはずなのに。。調子悪かったのかしら。

なんかちょっと残念でした(・ω・)

 

自己満足なお土産

f:id:raintree0106:20170709143056j:plain

調べてみたら意外に函館には神社仏閣がたくさんあったので、いくつかまわってきました。その中の1つ、函館八幡宮御朱印帳です。

表紙が木製って珍しいですよね(*'ω'*)それぞれ木目が違うので、自分が気に入った木目のものを選ばせてもらいました。

 

f:id:raintree0106:20170709143702j:plain

ピュアホワイトという品種の名前のとおり真っ白なとうもろこしです。函館朝市で購入しました。これ生で食べられるんですけど、試しに味見してみたら衝撃的に甘くて本当にフルーツみたいでした。

個人的にはメロンよりとうもろこし推しです(・ω・)

 

ちなみに今回の出張を私に譲ってくれた係のメンバー(係長、谷川くん)にはちょっとしたお土産を渡しましたよ。2人とも喜んでくれてよかったです。

 

 

 

仕事半分、旅半分のような今回の函館でしたが、美味しいものがたくさんあっていいところでした。食べたいものがありすぎて、全部制覇できなかったのが残念(笑)

帰りの飛行機が天候不良で欠航しかけたり(結局飛びました)、今回はあまり計画を立ててなかったので行き当たりばったりで大変なところもありましたが、振り返ればいい思い出になりました。

特に印象に残ったのは函館の人が総じて親切だったことです。

案内地図で道を確認していたら「どこか探してるの?」とわざわざ声をかけてきてくれたおばさまや、バスや市電の運転手さんも親切でお客さんが困ってたら「なしたの?(どうしたの?)」と気軽に声をかけていました。

朝市の爺とか(組織的なぼったくり?)、魚屋のお兄さんとか(イケメンぼったくり?)、全体的に親切で感じがいい人が多いなぁと感じました。

 

いつかまた、今度はプライベートで北海道に行ってみたいです。