読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

美人だって損をする。

美人は得、というのが世間の一般常識だと思います。

でも美人で損することだってあります。

同僚のモデル級の美人は美しすぎて既婚の上司にストーカー的に好かれ、周囲にはいけない関係だと誤解されてました。

モテモテな様子を快く思わない女性にあらぬ話を吹聴されて女性グループから無視されたこともあるらしいです。

それ実は性格悪いからじゃないの?と思われそうですが、心優しくてものすごくいい人ですよ。

容姿がいいのはラッキーなことだけど、それでなんでもうまくいくわけでもなく美人もそれなりに大変だなぁと思います。

 

 

 

実は私も可愛すぎて無視されたことがあります。

 相手は職場の同僚女性でした。今の部署に異動して2年目になりますが、その前の部署には5年在籍していました。以前の部署は一言で言うと仕事の量・質ともにブラック。

毎日の残業は当たり前で、休日・深夜の呼び出しも普通にある。その上、仕事内容もかなりストレスがかかるものでした。

仕事がえげつない分、職場内には「もう逆にみんなで笑おうぜ☆」的な連帯感が生まれており人間関係は良かったです。ブラックな職場にはブラックな笑いですぜ( ・ิϖ・ิ)

そんな職場で出会った彼女とは最初仲良しでした。

大所帯の部署だったので係が6つほどあり、彼女とは別の係だったんですが、年が近く、家も超近く、共通の敵(ブラックな仕事)があったことで出会ってすぐに打ち解けてました。仲良しの頃は週2くらいで会社帰りにご飯に行って、一緒にゴルフレッスンに通ってみたり、旅行にだって出かけた仲です。

関係がおかしくなったのは私が職場で5年目を迎えた年の春。

部署に7つ目の新しい係ができることになり、その起ち上げメンバーとして私と彼女と他数名が引き抜かれることになりました。私は係異動に合わせて仕事の担当が変わり、新人の指導係になり、他部署から異動してこられた新係長のサポート役をこなす、というなかなかハードな状況に置かれることになりました。ちなみにこの時の新人くんがかなりの暴れん坊だったというのはまた別の話です。

とにかく激務の日々を過ごして1か月ほど過ぎた頃、彼女は私を無視するようになりました。話しかけてもそっけないな?、からどんどんエスカレートして、すぐに声をかけても返事がなく視線も合わせてくれなくなりました。具体的には、

  • 仕事の電話の取次ぎで声をかけても無反応。(3回くらい呼びかけると、こちらを見ないまま受話器をとる)ハートの強さに感心( ・ิϖ・ิ)
  • 共通の知り合いから私への飲み会の誘いを勝手にスルーして自分だけ出席(2回)。
  • 私が主賓の飲み会(送別会)をドタキャンして来ない。会社行事ですぞ(・ω・)

 などなど。細かいエピソードはもういちいち書ききれません。。

バレンタインにも思い出(?)があります。2年前のバレンタインは絶賛嫌われ中の時期でした。係の男性にチョコを贈ることになってたんですが、彼女とは会話ができないし係に女性は私たち2人きりだしでまぁめんどくさかったです。

とりあえず買い出しどうするか問題とか予算どうするか問題の相談のためLINEをしてみました。が、返事が来ない。。既読にもならない。。

 まさかのブロック(・ω・)

 結局、バレンタイン2日前にやっとショートメッセージを送ることができ、午前1時に超そっけない返事が返ってきたので、ひとりで買い出しして当日朝早めに出勤して配りました。全部配り終えた後に出勤した彼女が何も知らない係の男性たちからのお礼に「へへ」とはにかみ笑いをしてるのを見た時にはなんかもう「すげー」の気持ちだけでした(・ω・)

 

そんな状態は1年ほど続き、私が今の部署に異動したことにより自然消滅となりました。

最初は悲しかったし悩みました。私は彼女を友だちだと思ってたから。

気づかないうちに傷つけるようなことをしたのかと思い、ちゃんと話すための機会をうかがいました。でもそんな機会を見つけることはできませんでした。そもそも仕事に支障を来たす勢いで全力で存在を無視されていて、隣から声をかけても顔すら上げてもらえませんでした。

 

 無視が始まってから半年ほどは耐えてたんですが、さすがにしんどくなって別の部署の友人に打ち明けたところ、友人は本人以上にめっちゃ怒ってくれました(笑)

ひととおり激怒したあと、なんでそんなに嫌われたのかについて一緒に考えてみました。

最初に彼女の態度がおかしいと感じた前にあった出来事を思い出してみると、当時の私の激務っぷりを見かねた同じ係の男性が他の係員たちに「アリが大変だからみんなで助けよう」的な発言をしてくれてました。

で、係全員に「アリを助けようぜっ」みたいな空気がなんとなく生まれてた気がする。ちなみに私と彼女以外の係員は全員男性です。

 

 

・・・可愛すぎたか。

私の可愛さが職場の男性のハートを鷲掴みにしてしまい、そこへの嫉妬ゆえの行動か。

隣にいた友人の「なんでやねん」のつぶやきはもう聞こえない。そういうことで落ち着きました。 

 

彼女とは今でも社内ですれ違うことはありますが今も絶賛嫌われ中の模様。

こんなに嫌われてしまった本当の理由は結局分からないままです。

彼女にとって私は「友だち」ではなかったんだろうと思います。もしかしたら私は彼女を傷つけたのかもしれないけど、少なくともそれは彼女を傷つける意思を持ってしたことではないです。でも彼女は私を傷つける意思を持って行動をしたんだな、と思うとやっぱり少し悲しいです。それくらい嫌われただけのことかもしれないけど。

世の中全ての人に好かれるなんて不可能だから、私は自分の手の届く範囲で私を好きでいてくれる人を大事にしようと思います。

この話をしたときに自分のことみたいに怒ってくれた友人とか。

 

友人の口癖は「他人は信じるな。」ですけど。夫婦でのスローガンらしい( ・ิϖ・ิ)