読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

社交性がたりない。

雑談

私は人見知りです( ・ิϖ・ิ)

こういうこと言うと「わかる!自分もそう!」と言う輩が多いですが、大抵はまだまだ甘ちゃんです。人見知りレベル3くらいの方にありがちな勘違いです。

ちなみに私は人見知りレベル7くらいです。

こういうこと言っても「全然そんな感じしない」と言われたり、ときには社交的だと勘違いされることもありますが、一応大人で社会人なので外ではできるだけ笑顔で感じよく、という仮面をかぶってるんですよ( ・ิϖ・ิ)

私の闇は深いのです。みんな騙されてるぞ。

集団行動とか苦手だし、大人数の飲み会とか行くとなんかもうぐったりです。こういうのは私が同志(レベル7以上)と認める友人と、飲み会疲れのあるある話として分かりあってます。

 

 が、最近かなりの上級者、というよりもう次のステージに突入している方を発見しました。

f:id:raintree0106:20170208222519j:plain

たりないふたり

南海キャンディーズの山ちゃんとオードリーの若林さんの番組です。関西では放送されてなかったんですがHuluで観ました。

人としていろいろ足りない二人が毎回自分たちの足りないところについてトークを繰り広げ、お互いの理解が深まったところでふたりで漫才という形で発表する、という聞いてもよく分かんない内容です。書いててもよく分かんない(笑)

 「 社交性がたりない」

 「逃げ道がたりない」

 「ドラマがたりない」

 「結婚相手がたりない」

タイトルも闇深くてグッときます。

「社交性がたりない」の回では、ふたりにとって地獄でしかない飲み会での逃げ方についての技を披露してました。

技①『まきびし』

ポケットの小銭を巻き散らかしてそれを拾うという騒ぎを起こすことで、飲み会での先輩の説教を自然にストップさせる効果がある。最後は「手が汚れたから洗ってきます」とフェイドアウト。

技②『ジャケットプレイ』

飲み会中にさり気なく自分のジャケットを羽織る。周りから「あれ、帰る?」の一言を引き出すことにより帰りやすい雰囲気が生まれてしまう。なお「は?まさかもう帰るの?」と絡まれかけたら「いやちょっと寒かったんで」とそのままステイできるという保険つき。

技③『タラちゃん無双』

興味のない話題で話しかけられたときの相槌は「ですねー」「ですです!」「ですかー!」 にしとけば、なんかいい感じに会話が成立する。同じ「です」でもイントネーションや表情でバリエーションは無限大。

などなど(笑)

世の中の人見知りたちの熱い支持を集めたこのテーマは好評だったらしく、「飲み会を切り抜ける」からさらに一歩進んだ「そもそも飲み会にいかない」ための技も別の回で披露してました。

技①『ポリエステル』

架空の劇団「ポリエステル」に所属する友人の公演を観に行くことを理由に飲み会を断る。友人の義理でしぶしぶ、という風を装うのがミソ。ちなみに劇団ポリエステルという名前の劇団は存在しないので誰も傷つきません。

技②『もしドラ

仕込んでおいた薬をおもむろに飲むことで体調不良を自然にアピール。病院通い設定で相手の遠慮を誘いながら飲み会を自然に断れてしまう。もしドラッグが普通の胃腸薬だったら。

技③『タイタニック

用意しておいた古い携帯にお茶をこぼし、修理のため携帯ショップにいかないといけないという理由でお断りする。

これ以外にも明日から使える(?)実用的な技をたくさん紹介してくれててかなり笑えました。他の回もおもしろいので、心に闇を抱えた方は必見です(笑)けどこのふたりくらいに突き抜けたら一周まわってもはや社交的な気もします。

 

ブログを始めて1か月が経ちました。

こんな素人が書いたものなんて誰も読まないのでは。。と不安に思ってたんですが、世の中には優しい方が多いです。ありがとうございます(´ω`*)

人気ブロガーの方などとは全く比べ物にならないけど、そもそも私はPV数をものすごく伸ばそうとか大それた野望は持ってないのでわりと満足です。

社交性がたりない私にとってブログは長い自己紹介をしてるみたいだなと思うことがあります。私はこんな人ですよ、こんなことを思ってますよ、そんな実生活ではわざわざ言わないことや言いにくいこともブログでは話してしまえる気がします。自分も他の方のブログを読んでると、会ったこともないのに勝手によく知ってる身近な人のような気がしてきたりします。

あとは世の中にはたくさんの人がいて、いろんな考え方があるんだなという当たり前のことをあらためて気づかせてくれる場でもあります。

上手な文章も書けないし、たまに落ち込んだ内容になるかもですが、これからも自分のペースで自己紹介を続けていきたいなと思います。