灰色デイズ

やわらかくてぼんやりした灰色に包まれた日々

お金の力は侮れない。

どうも、刈上げです(・ω・)ノ

1年ほど前から人生初のショートカットです。パーマの失敗により髪が死んだため、仕方なくバッサリ切ったんですが、意外にも周囲からの評判はよいです。

お手入れも楽だし自分でもけっこう気に入ってます。

この前うなじのあたりを軽めに刈上げてもらったら、それを見た同僚から「ちょっと今から悪口言いますよ」と前置された後、こう言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「刈上げ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「刈上げ」って悪口なんですか(・ω・)?

 

 

 

 

 

彼女からは「サザエさんのタラちゃんですね」と言われますが、自分としてはワカメちゃんくらいじゃないかなと思ってます。一緒かしら(・ω・)?

とりあえずそこまで刈上げてません。

 

 

 

今担当してくれている美容師さん(刈上げた人)は、物腰が柔らかくて優しい雰囲気の男性です。今年の春に以前通っていた美容院が遠くに移転してしまってからのお付き合いです。まだ日は浅いのですが、話しやすくて髪型のことも相談しやすいので気に入っています。

 

 

自分で言いますが、私まつ毛長いんですよ。昔からそこだけはよく褒められます。

その美容師さんは自他ともに認めるまつ毛フェチらしく、会うたびに「今日もいいまつ毛ですね」と声をかけてくれます。

ボディビルダーが「今日も切れてるー」と言うような感覚に近いのかな。

彼は仕事柄たくさんの女性と接する機会があるのですが、必ずまつ毛チェックを行うそうです。その中で、これ!と思うまつ毛の方には必ずその旨をお伝えしているらしい。

そんな彼が認めるまつ毛のお客さんがおススメしていたという、効果絶大(らしい)のまつ毛用美容液を教えてもらいました。

個人的に体毛の中で剛毛で褒められるのはまつ毛くらいかなと思うんですが、なんとなく最近その剛毛っぷりに元気がないような気がするんです。そろそろ育てる時期に来たのかな、と思いながら買うかどうか悩み中です。

 

 

まつ毛の剛毛エピソードから察していただけるかもしれませんが、私は子供の頃から毛深いタイプでした。ちなみに今はお金の力でつるつるです。

 

 

 

小学校の高学年の頃、私は男の子からいじめられていました。

きっかけは隣の席の男の子の一言だったと思います。その男の子とはじゃれ合いみたいなケンカをすることはあったけど仲は悪くなかったと思います。彼自身は頭が良くて優しい、でも年相応の少年らしさがあるような子でした。

 

彼が私の腕を見て言いました。

「原始人みたい。」

 

 

そこからどういう風に始まったのかは覚えてないですが、気付いたらクラスの男の子たちは私をばい菌扱いするようになっていました。

大半の子はゲーム感覚で面白がって乗っかっていただけだと思いますが、中に先生も手を焼く悪ガキグループがいました。ちなみに彼らは後に立派にヤンキーデビューを果たします。

悪ガキグループが中心となり毎日毎日いじめられました。

毎朝私が登校すると悪口の大合唱。あの年頃の子供って人の気持ちをえぐるような悪口やあだ名を考えるのが本当に上手なんですよね。

大合唱っていうのは比喩ではなく、本当に自作の変な悪口の歌を歌ってました。

聞こえるような大声でずっと悪口を言われて、ばい菌扱いされて、本当にあの頃は苦しかったです。

 

いじめていたのは男の子だけだったので、女の子とは普通に話せたし友だちもいました。不登校になることなく学校には毎日通ってましたが、たぶん友だちがいなければ耐えられなかったと思います。

今振り返ると、だとしてもよく耐えてたなと思いますが。

子どもはとても残酷で、限度を超えて相手を追い詰めることもあります。

それでも私はずっと我慢していました。

母は知っていましたが「大丈夫」「もうちょっと我慢する」と言ってました。たぶんそこまでひどい状態だとは思ってなかったと思います。

毎晩眠る前に「明日はいじめられませんように。」とこっそりお祈りしてました。結局、特に信心深かったわけでもない子供の祈りが届くことはありませんでした。

 

2年ほど耐えて、ある日我慢の限界が来ました。涙が止まらなくなった私を見て、母は相手の親に直接話をしてくれました。

その後は嘘のようにいじめが止まりました。

 

悪ガキグループは一応謝ってきました。でも彼らは自分がどういうことをしたのか今も分かっていないと思います。

彼らのことをずーっと恨む・・・ほど暇ではないので、正直今はどうでもいいんですが、昔はいつか再会したら見返してやるくらいには思ってた気がします。

あとちょっと男性不信になったかもしれません。

 

その後の人生でこんな自分をきちんと扱ってくれる男性もいる(というか大体の人はちゃんとしている)ということが分かり、現在は(たぶん)男性不信ではないと思います。でも男性にはいまだに緊張することが多いかな。

 

 

たぶん、ただの人見知りですが(・ω・)

 

 

 

あの頃は本当に苦しかったし、子供心に真剣に悩んでいました。

でも女の子とは普通に付き合えていたし、母が相手の親に話しただけでいじめが止まったので、軽く済んだ方なんだろうな。

2年間も我慢する必要なんて全然なかったなと思うんですが、たぶん子供なりのプライドや親への気遣いがあって当時は頑張ってたんだと思います。

こういう問題ってなくならないですよね。集団の中で大勢と違うもの、異質なものを排除しようするのは人間の性みたいなものなんでしょうか。

個人的には集団と違うだけで攻撃するという感覚は、ものすごく気持ち悪いです。

 

でも一つの集団で異質だったとしても、別の集団には仲間がいると思います。

そこ、で違うからと言って他全部でもそうな訳ない。思う以上に世の中は広いはずです。

その時には、ただつらくて、他の場所なんて分からず逃げ場なんてないように感じるかもしれないけど、受け入れられる場所は絶対どこかにあると思います。

 

 

先日、幼馴染の集まりがあり、久しぶりにみんなと会ってきました。

そのときに、同窓生たちの集まりの話を聞きました。私の通っていた学校の校区には高級住宅街から庶民的エリアまで含まれていたので、子供たちは〇〇会社の社長の息子、なんていうお金持ちからその真逆の家庭環境の子まで様々でした。

それぞれ大人になり、〇〇会社を継いで社長になった、議員になった、悪ガキたちは一緒に建設会社を起ち上げた、などの噂は耳に入ってきます。彼らは不定期に同窓会的なものを行ってるそうです。

友人はその集まりに何回か顔を出しているようですが、私は全く参加したいと思いません。お互い大人になったし、今会えば笑顔で会話くらいできると思います。

でも同級生ってだけで、大人になったら全部水に流して仲良くしましょう、みたいなのは気持ち悪く感じてしまいます。同級生ってそんなすごい絆なのかしら。

我ながら精神的に大人になりきれてないな(笑)

でも私の場所はそこではないと思います。 

 

 

大人になってお金の力でつるつるになった私は、今や毛問題とは無縁です。

自分で頑張れる範囲なら、お金で解決できる問題はお金で解決したらいいです(・ω・)

もちろんお金で買えないものはありますが、お金で買えるものってけっこうありますよ。

あと剛毛の名残のまつ毛は私の長所です。むしろもっと剛毛になれ!

 

 

あの頃はコンプレックスと苦しい気持ちしかなくて、コンプレックスがこんな風に変わるなんて考えられませんでした。

世の中に変わらないことなんてないですが、今が苦しいとしてもそれがずっと続くこともないのかな、と思います。

 

 

 

 

 

そんな私の心のスローガンは、お金でできることはお金で解決。

これ言うと、わりと誤解されがちです(笑)

 

 

 

まつ毛用美容液はやっぱり買おうかな。

日々はプラスマイナスゼロ。~煩悩の数は数えない方がいい。⑨~

オシャレ家電みたいなタイトルになりました。 

スチーム式 加湿器 プラスマイナスゼロ ±0 [ humidifier ] [ ホワイト/XQK-V040 ]

スチーム式 加湿器 プラスマイナスゼロ ±0 [ humidifier ] [ ホワイト/XQK-V040 ]

 

ちなみに、この↑加湿器 昔使ってました。ドーナツみたいでかわいらしいです。

 

今回はストーカーの須藤さん(仮)についてのお知らせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私じゃないですよ(・ω・)

須藤さんが8月から異動になりました。

 

須藤さんとはこの2年ほどの間に、アリに対してストーカー的に怖いアプローチを不定期に行っていた同僚です。2年間ずっとアプローチがあったわけではないですが、忘れかけた頃にやってくるので結局ずーっと忘れさせてもらえませんでした。

 

怖い話シリーズの始まりはこちら。残念ながらシリーズは8話まで続きました。

raintree0106.hatenablog.com

 

今年の4月にまたまた怖い接触があり、悩んだ末に会社のコンプライアンス問題の対応する部署(コンプラ課)に相談しました。

コンプラ課が須藤さんと面談を行い、「今後アリに接触しません」という旨の誓約書の提出まで行われたのですが、6月末に社内で呼び止められ一方的に話しかけられました。

話された内容がまた怖くて、速攻でコンプラ課に相談(という名のチクり)しました。

その後、コンプラ課と人事課がタッグを組んで須藤さんの再面談を行い、前回よりかなり厳しく戒めたとの報告がありました。

 

そして先日、8月異動の発表がありました。

我が社の通常の人事異動は4月なので、8月というのは珍しいです。今回も総勢10人ほどの小さな異動でした。

その中に須藤さんの名前がありました。

 

彼の異動先は出先の部署なので、8月からは社内で会うことはなくなるはずです。

これでやっと社内で自由に動けるようになる。

通れない階段とか乗れないエレベーターともさよならです。階段は歩くためにあるし、エレベーターは移動するために乗るものなのです。(当たり前)

もう遠回りとかしなくていいんだなぁ。

この炎天下にわざわざ一旦外に出て、また別の入り口から入るとか。意味不明ですよ、ちくしょう。

 

異動発表から7月いっぱいは須藤さんはまだ本社勤務でした。

 

「思い余った須藤さんがその期間に何かするかもしれないから、7月いっぱいは気を緩めないように」

師匠がアドバイスしてくれました。師匠自身も今職場でしんどい思いをしているようですが、そんな風に気遣ってもらえるなんて嬉しいことです。

師匠と距離が離れたかもとか勝手に寂しがるのはもうやめます。

充分です。

 

 

「もし出先に異動した後も何かしてくるようだったら言ってください!」

そのときは出先ごと破壊しましょう!的なニュアンスを滲ませながら森口くんも喜んでくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな出来事があってから2日後。

 

 

 

 

クレジットカード会社から連絡があり、私のカードが不正利用されていることが発覚しました(・ω・)

 

大事には至りませんでしたが、手続きとかちょっとめんどくさいです。

 

 

 

人生山あり谷あり。

いいことがあれば悪いこともあるわけで、うまくできてます。

 

そんなわけでプラスマイナスゼロな日々です。(ややプラス寄り)

 

 

今日で無事に7月が終了しました。明日からはちょっと羽を伸ばそうかな。羽を伸ばしてエレベーターとか乗っちゃおうかしら(・ω・)

 

ミートソーススパゲティに対する熱情。

以前、からあげ愛が高まりすぎて、理想のからあげを探して試行錯誤している件について記事に書きました。

raintree0106.hatenablog.com

 今のところは100点満点のからあげにはたどり着いていません。85点くらいかな。

なんならもう85点で十分なんじゃないの。100点とか素人には高過ぎる壁ですよ。

どのからあげだって、そこそこ美味しいし(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、暑いし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、理想のからあげへの旅路はしばしの休息です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近、また新たな愛が生まれました。

ミートソーススパゲティです(・ω・)

急に食べたくなって最初は普通に作ってたんですが、

 

「なんか理想とちがう」

「最高のミートソーススパゲティが食べたい!」

 

そんな気持ちが無駄に高まってしまいました。

 

ちなみに目指す理想は星野珈琲のミートソーススパゲティです。あれはいい。

 

と、いう訳でやってみました。自分史上最高の写真数ですよ。ふふふ(・ω・)

 

 

☆目指せ本格派、なミートソーススパゲティ☆

①ひき肉は使わない。牛すじ肉とシチュー用の部位です。f:id:raintree0106:20170725204451j:plain

 

②1㎝くらいにカット。多少(?)不ぞろいでも煮込んでしまうので問題なし。

f:id:raintree0106:20170725204930j:plain

これに重量の1%の塩を振って、30分寝かせます。

 

③玉ねぎ、にんじん、ニンニクをみじん切り。フードプロセッサーなんていう洒落たものを持っていないので、包丁でトントントントンやりました。

ストレス解消によいです。

f:id:raintree0106:20170725205129j:plain

 

④多めのオリーブオイルで炒める。

f:id:raintree0106:20170725205254j:plain

飴色になるまでじっくり炒めます。(飴色玉ねぎの撮影忘れました)

 

⑤空いたフライパンでお肉を炒める。

f:id:raintree0106:20170725205545j:plain

 

⑥中火で15分くらい。いい焦げ色がつくまで炒めます。

f:id:raintree0106:20170725205725j:plain

 

⑦牛脂が残っているフライパンに小麦粉、バターを入れて中火で加熱。

泡ぶくぶくになります。

f:id:raintree0106:20170725205825j:plain

 

⑧炒めていくと茶色くなります。

f:id:raintree0106:20170725210012j:plain

 

⑨火を止めて、赤ワインを投入。

f:id:raintree0106:20170725212937j:plain

 

 ⑩再び火にかけて混ぜ混ぜ。とろみがでてきたら、ブラウンルーの完成。これに先に炒めておいた肉や香味野菜を投入します。

f:id:raintree0106:20170725213037j:plain

 

⑪トマトピューレ、水を投入。(また撮影忘れました)

強火にかけます。

f:id:raintree0106:20170725213158j:plain

 

⑫沸騰すると灰汁がでてくるのでとります。弱火にして3時間ほど煮込みます。

f:id:raintree0106:20170725213235j:plain

 

⑬3時間後。こんな感じ。

f:id:raintree0106:20170725213302j:plain

  

⑭さらに一晩寝かせてみた。こってり。

f:id:raintree0106:20170725213331j:plain

 

⑮できあがり。いただきます!

f:id:raintree0106:20170725213356j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうでもなかった(・ω・)

 

 

 

 

 

 

 

手間ひまかけた割には残念なお味でした。上手な人が作ればちゃんと美味しかったのかもしれませんが、私の腕前では無理だったようです。

写真から若干微妙さを感じていた方もいると思いますが、・・・全くそのとおりです。

ちなみに食べた日の夜は謎の胃もたれに悩まされました。

 

 

謎の、ではないか。うん。

 

 

 

 

 

後日リベンジしました。これは75点。

f:id:raintree0106:20170725213428j:plain

ひき肉使用しました。

隠し味は市販のビーフシチューのルーです。

 

 

 

 

結局ね(笑)

 

 

 

 

私の舌が残念なんだろうか。

とりあえず近いうちに、ミートスパゲティ食べに星野珈琲に行ってこようかなと思います。

まほうのレシピ。

最近ハマったドラマです。

「まほうのレシピ」

f:id:raintree0106:20170723205159j:plain

amazon限定配信の海外ドラマです。  子供向けらしいですが大人でも充分楽しめました。ブログでおもしろい!と書かれている方がいて心に留めていたんですが、やっと観ることができました。

しっかり者で正義感の強いケリー、慎重で心優しいハンナ、大雑把で陽気なダービーの3人の女の子たちが主人公のお話です。

突然話さなくなってしまった祖母に心を痛めるケリー。そんな祖母に誕生日ケーキを作るために集まった3人は屋根裏で古いレシピ本を見つけます。レシピには不思議な魔法の力があることに気付いた3人は、ケリーの祖母が話せなくなったのも魔法の呪いのせいだと気づきます。祖母の呪いを解くため魔法料理に挑戦することを決めた3人ですが・・・。

毎回魔法料理の調理シーンがあるんですが、このレシピの名前がすごくユニークです。

「おだまりケーキ」

「脳みそぶっ飛びボロネーゼ」

「なくし物フォンデュ」

など。なんか大体想像つく感じ(笑)

子供向けと言いながら、お話がしっかり作られていてすっかり引き込まれてしまいました。子供の頃は「果てしない物語」を読んだりして、魔法やファンタジーの世界が好きだったなぁ。

3人の女の子が仲良しな感じも、なんだか子供の頃を思い出して懐かしくなりました。

 

 

先日、久しぶりに先輩に連絡を入れてみました。

以前同じ部署で働いていてとても仲良くしてもらっていた方で、姉のように慕っていた先輩です。

先輩は仕事上のもろもろに疲れて切ってしまい、1年ほど前から会社をお休み中です。仕事との繋がりはできるだけOFFにしたいだろうと想像して、こちらからの連絡はあまりしないようにしていました。今回も数か月ぶりの連絡です。

連絡、と言ってもメッセージで、

ア「体調どんな感じですか?」

先「あまりよくないです。ごめんね。」

みたいな短いやりとりだけなんですが。

いつもいつも体調のことだけ問うというのも逆にプレッシャーになりそうに思ったので、今回は最近のアリの小噺(?)みたいなのも入れてみました。

 

結果は、

 

 

 

やはり元気なさそうでした(´・ω・`)

小噺については素っ気ないお返事が添えてありました。もしかしたら能天気なことを送る私にいら立ちを感じたのかもしれないし、そんなことも考えられないくらい元気がないだけかもしれません。

返事をくれただけでもきっと頑張ってくれたんだろうな。

先輩の様子が分からないのでどんな風にするのが正解かよく分かりません。というより、家族でもない私が何かしたいと思うのが心得違いなのかもしれません。

 

 

 

でも、とても寂しかったです。

そんな風に思うのはただの私のわがままだとは分かってますが、あんなに仲良くしてたくさんの思い出を作ってきたのに、あの頃の先輩がいないことがとても悲しかったです。

また昔みたいに先輩と話せる日はくるのかな。

私にできるのは余計なことはせず黙って見守るだけなのかな。 

 

 

最近は師匠とも話す機会がなくなりました。

師匠とは以前の職場の同僚で、私のストーカー問題などの際にもとても力になってくれた美人です。

元々、しっかりとした自分の世界を持っていて大人数でわいわいするより、気を許せる人とのんびり過ごすのが好き、ひとりの時間も大事にしたい、師匠はそんなタイプの人です。

お互いに似ている部分があり、部署が別々になってからもご飯に行ったりして仲良くしていました

トーカー問題で相談していたころ、詳しくは聞いてないのですが師匠の方も職場の問題でかなり大変だったようです。とてもしんどそうだったので、そんな状態のときに自分の相談をするのが申し訳ないな、と感じていました。

「自分でよければいつでも話を聞くし、ご飯もいきましょうね」

そんな風に何度か声をかけてみました。

師匠からは「今は問題について話をすることすらしんどい状態なので、少し落ち着いて話せる気持ちになれば自分から声をかける」と返事がありました。

 

それから今まで何もないし、このまま連絡がない気もしています。

元々誘うのは私からというパターンが多かったし、連絡をしようとしなければ職場で会うことはほぼないので、このままフェイドアウトしちゃうのかなぁという気もしています。なんか寂しいですね。

深く考えず私からガンガン誘ったらいいのかもしれませんが。ちょっと心が折れてます(笑)

と言いながら、しばらくしたら普通にご飯に行ったりしてるかもしれませんが。あまり考えずに待っておこうかな。

 

 

大人の友人関係って難しいなぁ(´・ω・`)

「まほうのレシピ」の3人を見てばんやりと考えていました。

 

 

そんなことを考えてたら、小学校の頃からの幼馴染5人で集まろうというお誘いがきました。地元を離れている子もいるので頻繁には会えないですが、それでも年に1~2回は集まりがあります。義務教育を卒業して、それぞれの進路がバラバラになってからもなんだかんだで今まで続いている恒例行事(笑)

大人になってそれぞれの立場が違ってもそんな繋がりを持っている自分は、きっと恵まれているんだろうな。

 

今持っているものを大事に思わないといけないですね。

それでも「先輩が元気になるレシピがあればいいのになぁ」と夢見がちなことを考えてしまう中二病です(笑)

函館は美味しい。

お久しぶりです。

無事に函館出張から戻ってきました。人生初の北海道です。

仕事ですけどね(・ω・)

研修の開始時間の関係で、なんと前日からの北海道入りとなりました。目的が2日間に渡って函館で開催される研修会への参加だったので函館からの移動はできなかったですが、けっこうな自由時間を確保することができました。

 

ちなみに周囲の人たちから「北海道は涼しかった?」という質問をされましたが、

 

 

関西と同じでしたよ(・ω・) あついよ

 

 

猛暑というほどではないですが、そこそこ暑かったです。

北海道のもうちょっと北の方に行けば違ったのかな。少し北海道に夢を見過ぎていたのかもしれません。

 

そんな函館の思い出の振り返りです。

 

かわいいホテル

f:id:raintree0106:20170709114351j:plain

『ホテルショコラ函館』

今回宿泊したホテルです。小さいですがきちんとしたホテル、という感じでした。ちなみにシングルからツインルームにアップグレードしてもらえるというラッキーがありましたよ(*'ω'*)

函館の朝市やらラーメンやら食べたいものがたくさんあったので基本的には食事なしにしてたんですが、どうやらこのホテルには「自慢のフレンチトースト」なるものがあるらしい。フレンチトースト好きなので、1日だけ朝食をつけてもらいました。

f:id:raintree0106:20170709115454j:plain

まる1日、ミルク+卵液にじっくり漬け込んで作るふわふわフレンチトーストです。

下準備に時間がかかるので2日前の20時までに予約をしないといけないとか。

 

丁寧に作られてるだけあって美味しかったです。パンの真ん中あたりに少しだけ液がしみ込んでないところがあったのがちょっとだけ残念でしたが。。

以前、京都のホテルオークラで食べた世界一(らしい)フレンチトーストの方がもう少ししっとりふわふわ(ややこしい)だった気がします。

 

海鮮がうまい!

f:id:raintree0106:20170709120445j:plain

1回目 ウニ・イクラ・カニの三食丼

 

f:id:raintree0106:20170709120901j:plain

2回目 イクラ・イカ・カニの三食丼

 

f:id:raintree0106:20170709120957j:plain

3回目 ウニ丼(蝦夷バフンウニ)

 

 

 

 

 

 

 

丼 祭 り (・ω・) 

 

 

 

 

 

 

まさかの海鮮丼祭りが開催されました。わっしょい。(個人開催)

何がまさかなのかと言いますと、私は本来はナマモノ系が苦手なんです(・ω・)

お刺身やお寿司は食べられるものの好んで食べることはありませんでした。が、北海道はやはりすごい。

試しに食べてみた最初の三食丼であまりの美味しさにすっかり虜になりました(笑)

イクラとカニは想定内の美味しさ(めちゃウマです)でしたが、ウニについては想定を超えてきました。「ウニが甘い」という言葉の意味が初めて理解できました。

というわけで、そこからは脳内祭り状態となり、最終日にはウニ専門店で「ウニ丼」をオーダーしている自分がいました(・ω・)

ウニ丼には6~8月にシーズンを迎える蝦夷バフンウニが使われてます。1回目の三食丼のウニは一般的なムラサキウニなんですが色が全く違いますよね。蝦夷バフンウニの方がお値段がお高い代わりに、味が濃厚で美味しいらしいです。

私の感想は「どっちも美味しいなー」くらいですが(笑)

あと、おみやげに「うにの佃煮」も買っちゃいました。

 

f:id:raintree0106:20170709134200j:plain

函館名物のイカも美味しかったです。イカがところてんのようだ。 

 

ぼったくり上等☆

f:id:raintree0106:20170709125539j:plain

f:id:raintree0106:20170709125622j:plain

函館朝市

函館駅のすぐ隣で交通アクセス抜群です。朝ごはんやお土産の購入などで割と何回もお邪魔しました。

函館には他にもいくつか朝市があるようですがここが最も観光客向け(お値段も)なのかな、という感じでした。

 

一応そういうところだと念頭に置いて、(←偏見)

 

 

ぼったくり上等☆

 

 

という気持ちで臨みました(・ω・)

多少ぼったくりになってもその分美味しいものがあればよし、という気持ちです。

 

 

出張前に同じ係の谷川くん(仮)から、「お金は払うので、ウニとロイズのポテチを

自宅に送って欲しい」と頼まれていました。

朝市の中にお菓子屋さんを発見したので、朝市でポテチとウニを買ってそのまま送ることにしました。

 

お菓子屋さんでポテチを購入して、お店のおじいちゃんに訊いてみました。

ア「他のお店で購入したものと合わせて送りたいんですが、どこかから送れますか?」

爺「何買いたいの?」

ア「ウニです。」

爺「あー、そうかぁ。」(無言で歩きだす)

 ・・・案内してくれるのかな(*'ω'*)

 

爺(2軒隣の魚屋さんの前でストップ)

 ・・・あら?

爺(魚屋さんを呼ぶ)

 ・・・まさか?

爺(魚屋さんを指さして)「この人はプロだから。なんでも相談したらいいよ。」

 

 

 

 

鮮やかな連携プレイ。

 

 

 

魚屋さんめっちゃ笑顔で話しかけてくれるし、そのお店で買う以外の選択肢はなくなりました。

他と比較してないので分からないですが、店員さんも感じよかったしちょっと負けてくれたし、きっといいお店だったんだろうと思います。うん。

あと魚屋さんは20代前半くらいに見える若者だったんですが、かなりのイケメンでした。若手イケメン俳優レベルには達してたと思います。

谷川くんごめんね、ぼったくりだったとしてもアリはイケメンに逆らえなかったよ(・ω・)←たぶんぼったくられてはいない

ちなみにポテチはウニと一緒に魚屋さんから発送してもらえましたよ。

 

後で谷川くんから「美味しかったです!」と報告がありました。

 

 坂道クイズ

f:id:raintree0106:20170709133040j:plain

 

f:id:raintree0106:20170709133301j:plain

 

f:id:raintree0106:20170709133337j:plain

 

函館にはたくさんの「坂」があり、坂道自体が観光名所にもなってます。

以前の記事でも少し書いたことがありますが、その坂道の中でも特に有名で『観光で訪れたい坂ランキング』で1位に輝いたこともあるというのが「八幡坂(はちまんざか)」です。

毎日が誰かの誕生日。 - 灰色デイズ

 

というわけで、ここでクイズです。①~③の中で「八幡坂」はどれでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え:②

特に正解の賞品は用意してません(笑)

他にもたくさんの坂があって本当に坂道の街なんだなぁと思いました。地元の方から「良ければ全部の坂を巡ってみてくださいね」と言われましたが、

 

 

  

 

 

無理(・ω・) 行き倒れますよ?

 

 

 

ガッツのある方にはぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。

函館は坂以外にも、神社や教会、旧領事館など素敵な建築物があり、異国情緒が漂う美しい街でした。

有名な函館山からの夜景は、景ではなく間に見ましたが、それでも充分見応えがありました。昼間は空いてたし(笑)

ちなみに夜景は鳥肌もので美しいらしいです。激混みですが。

 

科学で未来な体験

f:id:raintree0106:20170709171501j:plain

 函館駅すぐにある「キラリス函館」の3階「はこだてみらい館」にて身長測定。

 

「はこだてみらい館」は科学で未来な感じの施設です。

 

f:id:raintree0106:20170709141437j:plain

動く光の線を障害物で遮ると進行方向が変えられます。(ひとりサッカーができます)

 

f:id:raintree0106:20170709141516j:plain

タッチパネルのボタンを押すとうねうねーと動きます。イカット→イカボというらしい(笑) 逆に昭和感を感じるのは私だけでしょうか?

 

で、1枚目の身長写真ですが、所定の位置に立つとセンサーでピッと測定してくれて正面のパネルに身長が表示されるというものです。

試しにやってみたんですが身長が縮みました。

普段の測定では158㎝くらいで、調子が良ければ160㎝に迫る勢いのはずなのに。。調子悪かったのかしら。

なんかちょっと残念でした(・ω・)

 

自己満足なお土産

f:id:raintree0106:20170709143056j:plain

調べてみたら意外に函館には神社仏閣がたくさんあったので、いくつかまわってきました。その中の1つ、函館八幡宮御朱印帳です。

表紙が木製って珍しいですよね(*'ω'*)それぞれ木目が違うので、自分が気に入った木目のものを選ばせてもらいました。

 

f:id:raintree0106:20170709143702j:plain

ピュアホワイトという品種の名前のとおり真っ白なとうもろこしです。函館朝市で購入しました。これ生で食べられるんですけど、試しに味見してみたら衝撃的に甘くて本当にフルーツみたいでした。

個人的にはメロンよりとうもろこし推しです(・ω・)

 

ちなみに今回の出張を私に譲ってくれた係のメンバー(係長、谷川くん)にはちょっとしたお土産を渡しましたよ。2人とも喜んでくれてよかったです。

 

 

 

仕事半分、旅半分のような今回の函館でしたが、美味しいものがたくさんあっていいところでした。食べたいものがありすぎて、全部制覇できなかったのが残念(笑)

帰りの飛行機が天候不良で欠航しかけたり(結局飛びました)、今回はあまり計画を立ててなかったので行き当たりばったりで大変なところもありましたが、振り返ればいい思い出になりました。

特に印象に残ったのは函館の人が総じて親切だったことです。

案内地図で道を確認していたら「どこか探してるの?」とわざわざ声をかけてきてくれたおばさまや、バスや市電の運転手さんも親切でお客さんが困ってたら「なしたの?(どうしたの?)」と気軽に声をかけていました。

朝市の爺とか(組織的なぼったくり?)、魚屋のお兄さんとか(イケメンぼったくり?)、全体的に親切で感じがいい人が多いなぁと感じました。

 

いつかまた、今度はプライベートで北海道に行ってみたいです。

再会は瞬間移動。 ~煩悩の数は数えない方がいい。⑧~

近頃とうとうピザを焼きはじめました。(冷やし中華はじめました的な感じで)

どんどん引きこもり度が増している気がする私です。

 

簡単ピザ生地♪ by れっさーぱんだ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが270万品

このレシピとても簡単で良かったです。生地は冷凍できるので、気が向いたらいつでもピザが焼けますよ(笑)

が、「最近ピザ焼きはじめんだよね」と言うと、なんか若干引かれる気がします(・ω・)

自分でも目指す方向性が謎です。

 

と言いながら、写真はチーズケーキ(笑)

f:id:raintree0106:20170625231119j:plain

 

 

以前にちらりと書きましたが、今週はいよいよ函館出張に行ってきます。

raintree0106.hatenablog.com

初北海道なんですが、今のところあまり下調べもしていないので行き当たりばったりになりそうな予感。でもそういうのも楽しいのかな。ホテルの人におすすめのお店を教えてもらったりとか。

 

 

あくまでも仕事なんですけどね(・ω・)

あくまでも仕事の空き時間に観光してきます。

 

 

 

北海道に向けてテンションを上げていきたいところですが、残念なお知らせがあります。

 

もしかしたらタイトルで気付かれた方もいらっしゃるかもですが、ストーカーの須藤さん(仮)シリーズが帰ってきました。

というわけで、今回はリターンズなのです。

raintree0106.hatenablog.com

シリーズ7話目で完結、、のはずでしたがまた少し怖い接触がありました。

シリーズ1~7話をざっくりまとめると、ストーカー気質の須藤さん(仮)からの怖い接触のはじまりから、社内のコンプライアンス対応を行う部署(以降、コンプラ課)の活躍で穏便解決に至るまでの経緯を書いた一昨年の秋から今年の春にかけての1年半ほどの間のお話です。

 

それから2か月。

 

もう大丈夫かなと思っていたところ、まさかの続きがありました(・ω・)

 

1週間ほど前ですが、社内で須藤さんと出会ってしまいました。

コンプラ課のおかげで問題解決して以来、出会ったのはじめてです。私は階段を使って社内の別部署に向かっていたのですが、彼の部署がある階を通りがかった際にトイレに向かう彼と目が合いました。(階段の踊り場と向かい合う位置にトイレがあります)

「こわっ」と思ったけど一瞬のことだし、そのまま足早に通り過ぎて目的の部署に向かいました。

 

 

そしたらさっきトイレに入ろうとしていたはずの須藤さんが、いつのまにか前方に出現しました。

 

 

瞬間移動(・ω・)

 

 

彼は後ろをちらちら振り返り、私に気付いて意識している素振りを見せてました。

 

 

恐ろしくなったのでコース変更して、無駄に遠回りをして目的の部署に向かいました。

無事に目的を完了して、念のためまた遠回りをしながら自分の部署に戻ろうとしたんですが、

 

 

 

 

今度は後ろから声をかけられました。

 

 

 

瞬間移動2(・ω・)

 

 

 

ちなみに場所は社内の廊下です。普通に社員たちが通行してます。

近づいてくる須藤さんの姿に身体が強張りました。

私が怯えているのは一応分かったらしく、須藤さんは「じゃあ、ここから」と2メートルほど離れた場所で止まりました。

 

 

ということで、2メートルの距離で若干声を張りながらの会話です。

 

須藤さんは一方的に話しだしました。

須「いろいろすみませんでした」

須「自分の家は今事情を抱えている。(具体的な事情の説明)落ち着くまで1年半くらいかかるだろう。だから今は人事に処分(出先への異動)を待ってもらっている。」

須「退職することも選択のひとつとして考えている」

須「自分の勝手な都合だが自分の親や地元には今回の事件のことを知られたくない」

 

 

人事と相談?

処分??

退職???

 

 

 

言われている内容が分からなくて混乱しました。

私が須藤さんのことを相談して対応に動いてくれたのはコンプラ課だし、私からは「できるだけ話を大きくせずにおさめて欲しい」とお願いしていました。

コンプラ課も理解してくれて、コンプラ課が須藤さんと面談を行って戒告程度で済ませたという報告も受けていました。

 

 

仕方なく須藤さんに返事をしました。

ア「私から話をしたのはコンプラ課のみで人事は関わっていないはず」

ア「処分や退職などを私は望んでいないので、今回のことを理由にそのようなことを考えてもらう必要はない」

 

しかし、いくら言っても須藤さんは

須「自分は既に人事担当係長と交渉している」

須「今回の話が思っているより広まり大ごとになっているので処分は避けられない」

と繰り返すばかりで、さらにはこんなことを言いました。

 

 

須「こんなことを言うのは厚かましいが・・・。アリさんが処分を望んでいないなら、アリさんから人事担当に処分を望んでいないことを伝えてもらえないだろうか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に厚かましいぞ(・ω・)

 

 

 

さすがにちょっとキレました。

 

 

ア「はじめから私は処分を望むような発言をしたことがないし、今更それについて言う必要もない」と言い捨てて逃げてやりました。

 

これらの会話は2メートルという微妙な距離感でお互い少し声を張り気味で繰り広げてたんですが、場所が社内の廊下なので、通りかかる人たちの視線が痛かったです。

そもそも私は大きな声を出すのが苦手なので軽い罰ゲーム気分でした。

 

 

本当に彼は私に何を伝えたかったんだろう。

意味不明だけど、退職や処分という話の原因は私なのかな。

 

 

思い悩んだ末、コンプラ課に連絡をいれてみました。

 

 

 

 

結果、次の日にコンプラ課と人事による須藤さんへの面談が行われてしまいました。

 

実は彼は前回の面談の際に『今後アリに接触しません』という旨の誓約書に署名し、コンプラ課に提出していました。

コンプラ課からは「話しかけたのは誓約違反だし、本人がいろいろと勝手に思い込んでいることがありそうなので面談すべきだ」と言われました。

 

 

正直、すぐ私がチクったみたいだし(チクったけど)、彼の変な思い込みや勘違いが面談することでより悪化するかもしれないと思うと怖かったです(・ω・)

 

 

翌日、コンプラ課から面談の報告がありました。

処分や退職を迫られているというのはやはり須藤さんの思い込みでした。

コンプラ課の説明によると、今月に入ってから須藤さんより「家庭の事情を説明したい」「誓約書の内容を確認させて欲しい」と申し出があったため人事課が面談を行ったことがあったそうです。どうやら須藤さん的にはそれが『人事担当係長との交渉』ということになるようです。

今回私に話しかけたのは、彼曰く「たまたま見かけたので、直接謝って事情を説明したかった」らしいです。

 

今回の面談では本人の思い込みを解くべく再度説明を行うとともに、前回よりもかなり厳しく戒めてくれたそうです。今度こそきっと大丈夫・・・だと思う、たぶん(´・ω・)

反省する様子は見せてたらしいですが、それでも面談中の須藤さんは自分の事情や思いばかり話していたらしいです。

 

一方的に教えられた家庭の事情は確かに深刻なものだったし、私との一件もあって須藤さんは精神的に追い詰められてるのかもしれません。

事情を訴えて謝罪して、その謝罪を私が受け入れれば、彼の気持ちが少し軽くなったのかな。もしかしたら同情した私が優しくなるかもしれない、とも思ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

私はそんなに優しくないぞ(・ω・)

 

 

 

自分が少しでも楽になりたくて、自分の気持ちのことしか考えられなくなってるんだろうと思います。

 

実は今日は2か月前に須藤さんから渡された謎の呼び出し状で指定された日でした。

raintree0106.hatenablog.com

やっぱり、コップが割れた記念日だろうか。

 

 

函館のお土産を渡しながらお世話になった師匠や森口くんに「コップが割れた記念日を無事にやり過ごせました!」って報告しようと思ってたのになぁ。

今回の件でコンプラ課が再面談をしてから1週間、これまで以上に全力で須藤さんと会わないようにしていることもありますが、今のところ彼がこれ以上の何かをする気配はありません。たぶん(今度こそ)もう大丈夫だとは思いますが、警戒態勢を解くタイミングがよく分からなくなってきました(笑)

 

 

 

とりあえず函館でパーッとやって、嫌なことは忘れます!(仕事ですよ)

 

人は見た目が100パーセント。

タイトルはドラマのパクりです。

f:id:raintree0106:20170618202551j:plain

先週で最終回を迎えましたが、観ていた方はいるでしょうか?

特におすすめなわけでもないんですが、なんとなく最後まで観てしまいました。地味で内気な理系女子が女子力を研究して(ビューティ研究というらしい)頑張るというお話です。男性はよく分からないですが、女性には多かれ少なかれ変身願望を持ってる人が多いんじゃないかなぁと思います。

ちょっとワクワクして見始めたんですが、桐谷美鈴は最初から(ちょっと地味な)桐谷美鈴だし(そして最後まで地味)、水川あさみも最初から最後まで普通に綺麗ですねー、という感じでした。ちなみにブルゾンちえみもずっとブルゾン感がありました。

マイフェアレディ的な展開を期待してたのでちょっと残念でした。

 

女性の変身物語ならこちらが好き。

アグリー・ベティ シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

アグリー・ベティ シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

 

容姿がよろしくない主人公のベティ(DVDパッケージの人)が最先端のファッション誌『MODE』で働くことになり、最初は馬鹿にされながらも持ち前のパワーで恋に仕事に頑張るお話です。

主人公がちょっと衝撃的にぶちゃいくでダサいんですが(失礼)、びっくりすることに最後までそこそこのぶちゃいくです(笑)

でも仕事に対する自信を得たり、仲間との信頼関係を築いていくことで、どんどん洗練されていくんですよ。歯の矯正具はなかなか外れないのに(笑)

ベティがすごくチャーミングに見えてきますよ。

観ると元気になる楽しい作品です。久しぶりに観たいなぁ。

 

 

 

今日は過去の失恋の思い出です。

何年も前のことですが、当時所属していた部署に内田くん(仮)という人がいました。私がその部署に異動してきた際に同じ係の隣の席で、彼は私の教育係というポジションでした。

入社した年は私の方が1年前ですが内田くんは私と同じ年です。

内田くんはその部署には何年も所属しており、しかも私は教えてもらう立場。『“内田くん”ではなんだか偉そうかな。“さん”の方がいいのかしら。』

そんな私の心の声が聞こえたのでしょうか、彼が私に最初にかけた言葉は

「僕のことは“内田くん”と呼んでくさい!」でした。

 

 

内田くんは決して悪い人ではないですが、いろいろ変わった人でした。

その部署では2人でペアを組んで外出することが多かったのですが、教育係ということもあり内田くんと出かける機会がよくありました。

私の担当の前任者は内田くんだったので引き継ぎを兼ねられるという利点もあったのですが、ある日、はじめての訪問先へ向かう車中で内田くんがこんなことを言い出しました。

 

内「今日の訪問先はちょっと難しいところなんですよ。僕、以前ケンカになって出入り禁止って言われてるんです。」

 

 

・・・む?

 

 

ア「それって今日一緒に来たらだめなんじゃないんですか?」

 

内「大丈夫ですよ。僕はもう平気なので。」

 

 

 

 

・・・たぶん向こうが平気じゃないんですよ(・ω・)

 

 

 

とりあえずその次からは、その訪問先には別の人と出かけることにしました。

ちなみに彼が出禁になった訪問先は1か所ではないです(笑)

 

 

 

内田くんが教育係を務めたのは私で3人目だったらしいのですが、私の前の2人は途中で逃げたらしいです。

当時の係長は、人に教えることで内田くんが成長することを願って3回も教育係に任命したそうです。2回目くらいで諦めてもよかったのかなと思います(・ω・)

ちなみに私は逃げはしませんでしたが、後でこっそり別の人に教えてもらってました。

 

私の前に教えてもらってた人(2回目の逃げた人)は女性だったんですが、わりと露骨に内田くんを嫌っていたそうです。まぁなんていうか、女性から生理的にちょっと、、と思われそうなタイプでした。

実際はけっこう適当に聞き流してただけなんですが、前の女性と比べると一応逃げずに内田くんの話を聞いているというだけで、周りからは「あの内田の話をちゃんと聞いてあげるなんて優しい!」というアリの評価に繋がっていたようです。

よく部署の人たちから「優しいね」と声をかけられました。

「そんなことないですよ」と返してたんですが、「またまた(謙遜しちゃって)」というやりとりになりがちでした。

 

その後、内田くんとの会話を近くでちゃんと聞くと「アリさんて内田くんに意外にアレな感じなんだね・・」と言われました。

 

 

 

 

だから最初からそう言ってたのに(・ω・)

 

 

 

そうは言っても内田くんと席が隣で会話をしてる女性という存在は格好のネタだったようで、いつも周囲からの生温かい視線を感じながら日々を過ごしていました。

 

 

 

ある日、訪問先に向かう途中の車内で内田くんがこんなことを言い出しました。

 

 

内「実はこの前〇〇くん(同じ部署の若者)にアリさんをどうですか?って言われたんですよ。」

 

 

ア「( ゚Д゚)!!」

 

 

内「僕、断っときましたから。

 

 

 

その後の会話はあまりよく覚えていないんですが、たぶん「あぁ」とか「はい」とかなんだかぼんやりとした返事をしたんだと思います。

仕方ないですよね。恋愛はひとりではできないし、ここまではっきり断られてしまったら逆にすっきりできるのかな。同じ職場でちょっと気まずいかもしれないけど、お互い大人だし仕事とプライベートはちゃんと区別しないといけないですよね。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・ただ、

 

 

 

 

告白をした覚えはないんですが。

 

 

 

 

無駄に傷つきました。

けどオッケーされるより良かったなと思います(・ω・)

 

 

その後も同僚たちが面白がって何度も内田くんに「アリさんはどう?」という質問をしてたらしいですが、内田くんはその度にきっちりお断りしてくれてたようです。

その都度、「アリさん、また断られてましたよ(笑)」という半笑いの報告が届きました。

 

 

 

内田くんの恋愛対象ではなかった私ですが、それなりに信頼を得ていたのか何度か恋愛相談をされたことがあります。(当時彼は婚活に励んでました)

曰く「女性の気持ちが分からない」「女心を教えて欲しい」

 

 

 

 

 

内田くんとお付き合いしたり、結婚を考える女性の気持ちか。。

 

 

 

 

 

 

 

それは分かりませんよ(・ω・)

 

 

 

 

 

 

婚活が実を結び内田くんは結婚することになったのですが、その際にもわりと早めに報告してくれました。

なぜか筆談で。

 

残業時間中の周囲にあまり人がいないとき、隣の席から突然呼びかけられ、筆談がスタート。

 

 

内(筆談)突然ですが、私、内田は結婚することになりました。

 

ア「へー、おめでとうございます」

 

内(口元にひとさし指をやり、静かにっ、のジェスチャー

 

ア「いつですか?」

 

内(筆談)〇月です。

 

ア「そうなんですねー。なんで筆談なんですか?」

 

内(筆談)まだちょっと内密なので。

 

ア「へー、でもよかったですね。」

 

内(筆談)アリさんもいい人がいますよ。

 

 

 

 

 

 なんで最後ちょっと上から目線(・ω・)?

 

 

 

・・・アリはめんどくさかったので筆談してません。このやりとりはしばらく続いたので、独り言をつぶやくヤバい奴みたいになってたと思います。

 

告白した覚えがない恋(?)はこうして完全に終わりました。

 

 

 

恋をした際はちゃんと告白しとくべきですね。

 

 

 

 

 

この1週間ほどひとり『SPEC』祭りを開催してました。(本日終了)

懐かしい曲。


波のゆくさき pv